独身時代に加入する医療保険

18歳未満のうちは親の扶養下にあることもあり、子供用のキッズタイプといった医療保険や学校で加入した団体保険に加入していた方が多いです。しかし、子供用の医療保険では適用しない年齢になると自分自信で医療保険を選んで加入する必要があります。特に就職して、親元を離れてからは世帯主になるので自分自身で選んで、判断する必要があります。とはいえ、就職したばかりの安い給与では生活していくのが精一杯ですので、まだ若いし、元気なうちは保険加入をしなくてもよいと考えている方が非常に多いです。ところ年齢が増えると掛け金が高くなったり、病気をしてからは保険加入用件が厳しくなるのでできるだけ早く、若くて元気なうちに加入をお勧めします。金銭面については比較的高めの民間保険会社商品だけでなく、宣伝が少ないために有名でない非営利保健法人の保険商品にも目を通して、最低限の保障を確保することで経済的な負担を小さくすることができます。

none